about

G.I. FACTORY

大阪のインテリアコーディネーターが提供するインテリアショップ「G.I.FACTORY」です。

求めるのは、ライフスタイルに即した使われ方ののできる可変性のある空間。
そして、ただ華美に装飾するのではなく、シンプルで素材の力を活かした本質的な価値のあるインテリア。
その互いが相乗して潤いに満ちた住まいが生まれると思います。
そんな空間構成の視点と、時代に流されない価値の創造を求めたものづくりが「G.I.FACTORY」の原点です。

こちらのネットショップではオリジナルビーズクッションとカウハイドラグを公開いたします。

詳しいことはホームページから
http://gi-factory.co.jp/



□□□□□□□□□ カウハイドのお取扱いについて □□□□□□□□□
当社のラグは様々なシチュエーションにおいて、長く丈夫にお使いいただけます
革製品を美しく保つために、以下の用法をお守りください

1 牛革のラグやクッションについたゴミやホコリは、掃除機をかけたり
はたいて取り除いて下さい。

2 長期間、部分的に家具等の負担がかからない様、時々動かしたり向きを変えたり、場所を移動させて下さい。
3 革製品は湿気や水気を嫌います。部屋はなるべく除湿し、晴れた日に外に出して裏面を太陽に向けて干して下さ い。水につけたり、洗濯機に入れないで下さい。
4 プラスティック製の固いブラシでしっかりとブラッシングする事により、小さなゴミやホコリを取り除き、また、 滑らかでふわふわの毛並を保つ事ができます。同時に毛の根元が整い脂分が全体に馴染む事で、革を柔らかくツヤの ある状態にしてくれます。

5 ワイン、コーヒー、紅茶、ジュースの飲みこぼしや食事の食べこぼし、ペットの尿や嘔吐物の処置は以下の通りです。

・ まず、ペーパータオルかスポンジでこぼれた水分を吸い取ります。

 ・ 次に固形物があればとりのぞきます:ナイフの先端の切れない方で毛並みに沿って優しくこするようにして下さい。

 ・ そして、固く絞ったスポンジか布を使い、刺激のない石けん水で拭き取ります。しっかりとあらゆる方向に拭います。

・ 最後に PH バランスを整えるために、ホワイトビネガーを 100 倍に薄めた水で
 固く絞った布を使って拭いて下さい。

6 お湯や漂白剤は使用しないで下さい。

※ 革製品はデリケートです。ひどい汚れにつきましては、専門のクリーニング業者にご相談いただくことをお勧めします。